被曝と健康に関するリンク集 ① ~楽観~

 


○ 山下俊一 氏

 

福島県放射線健康リスクアドバイザー。長崎大学大学院教授。被曝医療の専門家。低線量被曝については「心配ない」。だが、必ずしもリスクはゼロでない、とも。

 

http://smc-japan.org/?p=1413

http://smc-japan.org/

http://blogs.yahoo.co.jp/bmb2mbf413/36656841.html

http://www.city.fukushima.fukushima.jp/kouhoushi/shisei/11-04-21/2011apr21.pdf

 

http://www.youtube.com/watch?v=7364GahFWKI

http://www.youtube.com/watch?v=ZlypvPRl6AY

 

山下先生「語録」

 

http://www.pref.fukushima.jp/j/housyasenshitsumon6.pdf

(山下先生の指導をもとに福島県が作成した、放射線Q&A)

 

 


○ 高村昇 氏

 

福島県放射線健康リスクアドバイザー。長崎大学教授。放射線医学の専門家。低線量被曝については「心配ない」。

 

 

http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/283.html

http://www.city.fukushima.fukushima.jp/kouhoushi/shisei/11-04-21/2011apr21.pdf

 

 


○ 神谷研二 氏

 

福島県放射線健康リスクアドバイザー。広島大学教授。被曝医療の専門家。低線量被曝については「心配ない」。だが、被曝は避けられるのなら避けるべき、とも。

 

http://www.pref.fks.ed.jp/sinsai/advice/advice.html

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=20110314140937667_ja

 

 

 


○ 中川恵一 氏

 

東京大学准教授。放射線医学の専門家。低線量被曝については「心配ない」。

 

 

http://www.u-tokyo-rad.jp/data/twittertoudai2.pdf

http://tnakagawa.exblog.jp/

 

 


 

東京女子医科大学教授。放射線医療の専門家。政府の「暫定規制値」を守れば「心配ない」。

 

 

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1293?page=1

 

 


○ 渡邉正己 氏

 

京都大学原子炉実験所教授。専門は放射線生命科学。低線量被曝による発がん率はごく僅かであり、もともと2人に1人はがんになるので、あまり影響なし。念のため、外出時は肌の露出を減らし、帰宅後はうがいと手洗いをするべき、とも。

 

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110321/dst11032101180005-n1.htm

 

 


○ 岡敏広 氏

 

福井県立大学教授。専門は環境経済学。現状では、放射能汚染食品の摂取によるリスクなど、気にするほどのレベルではないと主張。

 

http://gcoe.eis.ynu.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2009/10/jjj1.pdf

 

 

 





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています