原発問題全般に関する情報

 

 

 

 


 

・「子どもの甲状腺から放射線検出」(NHK 8月13日 16時48分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110813/t10014892751000.html

 

広島大学の田代聡教授らのグループが、国の対策本部の依頼を受けて、今年3月下旬、

福島県いわき市や飯舘村などで、1149人の子どもを対象に甲状腺への被ばく量を調べる検査を行い、

その結果を8月13日、東京で開かれた日本小児科学会において、報告しました。

それによると、およそ半数の子どもから放射性ヨウ素による放射線が検出されたことが分かったそうです。

 

今回検出された放射線から換算される甲状腺への被ばく量は、子どもへの影響を最大限に考慮しても、

最も多い人で35ミリシーベルト(健康に影響が出るとされている甲状腺への被ばく量は100ミリ

シーベルト以上)だそうです。

 

田代教授は「微量なので将来、甲状腺がんが増えるとは考えにくいが、万が一の場合にも対応できるよう

継続的な健康管理が必要だ」としています。

 

 

なお、この検査結果の公表に関連して、インターネット上で公開されていた福島県の子どもの甲状腺

検査の結果について、個人を特定できる可能性があるとして、国の原子力安全委員会が、すべて

削除していたことが分かっています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110811/k10014837761000.html

 

ただし、個人の特定とは関係のない、被ばく線量などの情報まで削除されたことから批判の声が

あがっており、災害時の情報伝達に詳しい東京女子大学の広瀬弘忠名誉教授は、「子どもの被ばくに

過敏に反応されることを恐れて削除したと言われてもしかたがない。正確な情報提供で対応できるように

してもらわなければならないのに、逆行するあり方だ」と指摘しているそうです。

 

 


 

・「自主避難者ら東電に賠償請求」(NHK 8月12日 19時18分)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110812/t10014881121000.html

 

福島第一原子力発電所の事故のあと、避難区域以外の地域から自主的に避難した住民らが

「自主的な避難でも賠償すべきだ」と訴えて、東京電力に合わせておよそ12億円の賠償を

求める請求書を提出したそうです。

 

賠償の範囲をどこまで拡大するのか、その費用をどのような形で負担していくのか、など

原発事故による避難者(自発的なものも含む)が存在している限り、解決せねばならない問題は

山積みなのではないでしょうか。

 


 

・「福島大学と日本原子力研究開発機構(JAEA)の協定への疑義」

http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/07/jaea-lawyer-poses-quesitons-over.html

 

 

浦田賢治氏(国際反核法律家協会副会長・早稲田大学名誉教授)によって、さる7月20日に

締結された福島大学と日本原子力研究開発機構(JAEA)の協定に関して、大きく疑義を

呈す公開書簡が公表されています。

 

 

 

なお、福島大学経済経営学類では、この連携協定と連携協定に至る全学内での

意思決定過程について、学長宛に3つの要請を決議しました。

要請の内容については、FGFメンバーの熊沢先生のブログにて、ご確認ください。

http://web.me.com/kumazawatoru1/kumatssite1/PROLOGUE.html

 

 


 

・「子どもの被ばく積算把握せず 福島の父母ら政府交渉」

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1148

 

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」など6団体の呼びかけで、

6月30日、内部被ばくについての調査や、避難促進・自主避難者支援を求め、

市民と政府の交渉が行なわれたそうです。

交渉において、福島県の子どもの被ばく積算について、どの省庁も把握していないことが

明らかになったそうです。

 


 

・「学校の集団疎開求め仮処分申請 郡山の子ら14名」

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1132

 

福島県郡山市の小中学校に通う子ども14人が、6月24日、郡山市に対し、

福島第1原発事故で放射線被害の恐れが強いとして、学校ごと集団疎開するよう求める

仮処分を福島地裁郡山支部に申し立てたそうです。

 

申し立て後、郡山市内で記者会見した弁護団の井戸謙一弁護士は

福島県内すべての子どもたちが安全な場所で授業を受けられるようになることが目的」と

語ったそうです。

 


 

・「尿から微量の放射性物質 福島市の子供10人から 仏研究所「内部被曝の可能性」」

http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/06/blog-post_8621.html

 

 

やっと明らかになり始めた内部被ばくの状況。ただし、時間がたてばたつほどに

わかりにくくなるのも事実。

文部科学省や原子力安全委員会の班目春樹委員長は

十分低い値。健康への影響は疫学的に考えられない」との認識を示したとされていますが、

子どもへの健康被害は出てからでは手遅れですので、これ以上被ばくしないよう手だてが

早急に必要だと考えます。

 

 

6月30日に「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」などNGOが開いた記者会見の

様子はこちらから

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1144

 

 


 

・「福島県、0歳児から中学生までの子供全員に線量計配布へ」

http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/06/nhk_23.html

 

県内の0歳児から中学校までの子どもおよそ28万人を対象にガラスバッジの配布が

決定されたそうです。

 

はたして、放射線管理区域外での(素人が装着したバッジで)積算線量をうまく

測ることができるのか、不安は残りますが、何もしないよりはだいぶましでしょう。

ただし、このガラスバッジは被曝量を記録するもので、「被曝を防ぐものではありません」し、

放射線の高いところに行くと警告音を発するものでもありません」ので注意が必要。

 


 

・「福島市内6地点において、推定年間積算線量が10ミリシーベルト以上と予測」

 

http://bousai.city.fukushima.fukushima.jp/info/h23-jishin/kankyouhousyanousokutei/sekisansenryou10.html

 

6月3日(金曜日)に、平成23年3月12日より平成24年3月11日までに推定積算線量が

10ミリシーベルト以上と予測される場所が、福島市内に6地点あると文部科学省より公表されました。

福島市では、この6地点について、週1回、空間線量を測定しているそうです。

 

推定年間積算線量が10ミリシーベルトを超えると予測される地点

 

大波字滝ノ入

南向台

小金山

東浜町

南矢野目

渡利

 

 

※なお、21日の線量に基づいて再計算すると、南矢野目と渡利は

 推定積算線量が10ミリシーベルトを切ったそうです。(それでも充分高いですけれども)

 

 


 

・福島第一原発 1号機から4号機の映像のリアルタイム配信(実際は30秒遅れ)

 

http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html

 

 

福島原発 原子炉の温度情報
http://atmc.jp/plant/temperature/
(※他の様々な情報も見れます)


 

・アーノルド ガンダーソン 氏

http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201104290010485

 

長年、原子力産業に関わってきた専門家。福島原発事故についての見解。

 

 

ガンダーセン氏の新しい解説(6月12日)です。
http://www.fairewinds.com/
日本語訳
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/06/blog-post_13.html

 

 

高放射能粒子は体内に取り込まれるとほぼ検出不能」ということに関して、

内部被曝の危険性について述べられています。

 

 

 

クリス・マーテンソン氏によるガンダーセン氏へのインタビューです。

福島第1原発の現状を解説、放射能が今後健康に及ぼす危険性などについて、詳しく語っています。

ただ、基本的な認識として、「福島はわれわれが考えるよりはるかに危険であり、その危険は

はるかに長く続く」とのことです。

 

インタビューの日本語訳01

http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/06/blog-post_05.html

 

インタビューの日本語訳02

http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/06/blog-post_06.html

 

インタビューの日本語訳03

http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/06/blog-post_07.html

 

インタビューの日本語訳04

http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/06/blog-post_10.html

 

 

 

ガンダーセン氏の新しい解説(5月22日)です。
http://www.fairewinds.com/
日本語訳
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/05/blog-post_26.html

 

 

福島第1原発の事故の教訓からどんなことが学べるかということで、

現在稼動中のアメリカの原発の福島同様の問題点、当局と事業者の馴れ合いを指摘しています。

具体的には、格納容器の問題(ベントの問題を含む)、耐震基準の問題、非常用蓄電池の問題、

高波の問題、緊急時の避難計画の問題など、多岐に渡る問題について解説しています。

 

 

 

ガンダーセン氏の新しい解説(5月13日)です。
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/05/blog-post_15.html


 

1~4号機の現況に関する解説とともに原発から50~60km離れた場所で

開校している高校のことに触れて、「このような状況で、あの学校を

開校させているのは人道的に許されないこと」と述べています。

 

 

「福島第一原発3号機の爆発についての解説 4月26日」

http://www.youtube.com/watch?v=P4KXX24Dv1U

 

 

 


 

 

・NHK ETV特集(6月5日放送)

続 放射能汚染地

 

※探せば、まだ映像をみることはできますが、今回は取り上げません。

 

 

・NHK ETV特集(5月16日放送)

ネットワ―クで作る放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月~

 

http://www.youtube.com/watch?v=BUltgqsTTGg   01
http://www.youtube.com/watch?v=J7dfoqCj5BA    02
http://www.youtube.com/watch?v=6H30i_jI_Ys     03
http://www.youtube.com/watch?v=bUA6BueVBR8    04
http://www.youtube.com/watch?v=lX-in2-KisA       05
http://www.youtube.com/watch?v=XPXprWgh5Wk   06
http://www.youtube.com/watch?v=stDYKdPUqtY     07

 

※映像に関して、著作権の問題があることは充分に承知しておりますが、

 なるべく多くの人に知っていただきたいと思い、取り上げます。

 

※やはり著作権の関係から消えていました(2011.6.11.確認)


※番組に登場した「岡野眞治博士」について、6月4日号の『週刊現代』が

 「ある老科学者からの伝言」として取り上げています。参考までに。

 


 

・中部大学 教授 武田邦彦(たけだ くにひこ)氏(http://takedanet.com/2007/06/post_7d91.html):

「武田邦彦(中部大学)」(ブログ)

http://takedanet.com/

 

*武田邦彦氏は、内閣府原子力委員会専門委員および原子力安全委員会専門委員を務めており、

事故発生時から、原発の状況や放射能災害について、わかりやすい文章で一貫した主張を続けている。

ただし、彼の主張に対しては、玉石混交であるとの意見(http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20110318)もある。

 

 

5月20日衆議院科学技術特別委員会 参考人意見1

http://youtu.be/MgVcB5ohOGw

 

5月20日衆議院科学技術特別委員会 参考人意見2

http://youtu.be/R8QV2NswBqk

 

5月20日衆議院科学技術特別委員会 全編はこちら

http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=41000&media_type=

 

 

5月18日衆議院文部科学委員会において、参考人として冒頭陳述

http://www.youtube.com/watch?v=sw6Z2nfyMT4

 

 

福島原発の状態について解説(BS朝日の「ニュースの深層」)

http://g2o.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-9a5a.html

 

 

 


・文部科学省

「福島県内における児童生徒等が学校等において受ける線量低減に向けた当面の対応について」

http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1306590.htm

 

 

文部科学省が5月27日に,事実上「年間20mSv」の基準を撤回しました。

そして,

1)福島県内の全ての学校等に対して,積算線量計を配布する。

2)今年度,学校において児童生徒等が受ける線量について,当面,年間1ミリシーベルト以下を目指す。

3)校庭・園庭における土壌に関して児童生徒等の受ける線量の低減策を講じる設置者に対し,

  学校施設の災害復旧事業の枠組みで財政的支援を行う

ことを決定しました。

 

これから,具体的にどのようにして,年間1ミリシーベルト以下を目指すのか,

そのことに注視していかなければならないでしょう。

 

 


 

 

・京都大学 原子力安全研究グループ

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/

 

「御用学者でない」原子力工学の専門家である小出裕章氏や今中哲二氏などの主張がわかる。

 

 

小出裕章氏が、5/23に開催された参議院の行政監視委員会で
参考人として意見を述べられた様子がアップされています。ご確認ください。

 

その1
http://www.youtube.com/watch?v=GASMdrWqUOY
その2
http://www.youtube.com/watch?v=jygNyahW1UM&feature=related

 

 

 

こちらで全編が見られます。

 

http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=892&mode=LIBRARY&un=bf088bf7dca5d86028322d1e49c99025&ch=n&pars=0.7649937532993565

 

 

 


 

・クリス・バズビー  リンク集【被曝と健康③】参照

「福島原発、核分裂は継続中、収拾のめどつかず」

http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/05/blog-post_18.html

 

クリス・バズビー氏は欧州放射線リスク委員会(ECRR) 科学委員長であり、

彼の被曝リスクに関する考え方はリンク集を参照のこと。

上記は、福島第一原発がメルトダウンしていたことに関する見解を述べている。

 

 

 


 

・福島第一原子力発電所3号機の現状

 

 

TBSによるライブ映像(5月2日より開始)

http://www.youtube.com/user/tbsnewsi#p/l/ZIa6yble2gk

 

 

5月7日に夜中の謎の煙との情報(こちらはライブ映像ではないです)

http://www.youtube.com/watch?v=ukxCyzvafl0

 

 

※3号機の使用済み燃料プール内の映像

東京電力ウェブサイト(5月10日の資料:5月8日に撮影)
http://www.tepco.co.jp/tepconews/pressroom/110311/index-j.html
Youtube
http://www.youtube.com/watch?v=KugIrnThul0

 

 

 


日本医師会

福島県内の学校・校庭等の利用判断における暫定的な考え方」に対する

日本医師会の見解(5月12日)

http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20110512_31.pdf

 

 

*文部科学省がICRPの声明をうけて、「1~20ミリシーベルトを最大値の20ミリ

シーベルトとして扱った科学的根拠が不明確である」と主張し、さらに「子どもたちの

放射線感受性の高さを考慮すると、国の対応をより慎重であるべき」と考えている。

また、「できうる最速・最大の方法で、子どもたちの放射線被曝量の減少に努めることを

強く求める」としている。

 

 


 

・チェルノブイリ原発事故 終わりなき人体汚染

http://www.youtube.com/watch?v=TPGlJpQN4Kc

 

 


・政府交渉 「子供たちを放射能から守れ」

http://www.ustream.tv/recorded/14425806

 

「20ミリシーベルト」撤回を求め、文部科学省、原子力安全委員会と交渉

 

 


・原子力資料情報室

http://cnic.jp/

 

原子力発電の危険性を訴えることに生涯を賭けた故・高木仁三郎氏が設立したNPO。

原子力産業推進派の傀儡ではない数少ない組織。

 

 


日本弁護士連合会

「「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」に関する会長声明」

http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/110422_2.html

 

*4月19日に政府および文部科学省が発表・通知した福島県内の学校等の校舎・校庭等の

利用判断における暫定的考え方について」が、被ばく基準量(年間1mSv)を緩めることに対して、

強い反発を示している。文部科学省に対して、通知の撤回を含め、早急な対策を要求している。

 


NPO法人 セイピースプロジェクト

http://saypeace.org/

 

*〈アジア × 若者 × 平和〉をキーワードに集まった若者たちによるNPO。核兵器の廃絶はもちろん、

この度の福島第一原発事故についても、しばしば軽視されがちな「内部被曝」の問題について

真剣に訴えている。福島大学の学生から要請があれば、いつでもバックアップしてくださるとのこと。

 

 


・岡山大学大学院保健学研究科 北脇知己 氏による福島の放射線被曝予測モデル。

http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~kitawaki/Radiation_Model_Sim_4.htm

 

極めて予測精度が高いモデルを用い、福島の被曝量を試算している。

 

 



 

・菊池洋一氏(元GE技術者・福島第一原発設計者)

http://fpaj.jp/news/archives/2581

 

元GE技術者・福島第一原発設計者である菊池洋一氏へのインタビュー(2011年4月21日)。

福島第一原発の危険性や地震大国である日本に原発があることの危険性について言及しています。

 

 

「わたしにとっての広島と原発震災」(2008年10月10日発行の『地平線』43号に掲載)

http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/04/former-reactor-engineer-kikuchi-yoichi.html

 

参考:Peace Philosophy Center(http://peacephilosophy.blogspot.com/

    リンク集 【被曝と健康 ②】

 


・縮小社会研究会

http://vibration.jp/shrink/

 

京都大学の先生方が中心となって設立された、持続型社会の構築をテーマとする研究会。

最近の報告会で、福島原発事故についても取り上げている。

 

 


 

・エントロピー学会(http://entropy.ac/modules/xoopsfaq/):

「エントロピー学会」(ブログ)

http://entropy.ac/

 

*エントロピー学会は、生命系における物質循環の理論を基礎に、環境問題を考えていこうとする

市民と研究者の出会いの場として設立された学会であり、現在、「原発事故コーナー」において、

積極的な情報発信を行うとともに、各地にて講演会・調査実験などを行っている。

 

 

 


 

・中村隆市(なかむら りゅういち)氏:

中村隆市ブログ 「風の便り」

http://www.windfarm.co.jp/category/blog/blog_kaze

 

*中村隆市氏は、有機農法によるコーヒー栽培・販売を営まれている方(㈱ウィンドファーム代表取締役)

だが、1日おきに、当該ブログにて原発や放射線に関する情報を収集・発信している。一般の方が、

危機感を持って(福島から遠く離れているにもかかわらず)、情報発信をしている一つの例である。

 


 





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています